管理栄養士CHIEの

金柑のシフォンケーキ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、特養に12年間勤務していました。 今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

千の恵みキッチンへようこそ♪

管理栄養士のCHIEです。

 

先日、ご紹介した自家製の金柑シロップが出来上がりました✨

ちょっとずつ炭酸で割って飲んだり、ヨーグルトにかけたりと楽しんでいます😊

今日は、こちらの金柑シロップを使ったふわふわのシフォンケーキをご紹介したいと思います🍀

 

ふわふわ✨金柑のシフォンケーキの作り方

<材料> 20cmシフォン型

卵白        5個分

卵黄        4個分

上白糖       60g

薄力粉       70g

サラダ油      30g

金柑シロップ    40g

金柑シロップの果実 4個分

 

<下準備>

◎金柑シロップの果実は包丁で細かく刻む

◎卵はよく冷蔵庫で冷やしておく

◎メレンゲ用のボウルは冷凍庫で冷やしておく

◎薄力粉はふるっておく

◎オーブンを予熱する(170度)

 

<作り方>

冷凍庫で冷やしたボウルに卵白を割り入れ、ハンドミキサーで軽く泡立ててから

上白糖1/2量を少しずつ加えていく。

角が立ち、しっかりとしたメレンゲになるまで泡立てる。

②別のボウルに、卵黄と残りの上白糖(1/2量)を入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで泡立てる。

③次に、サラダ油→金柑シロップ→刻んだ金柑シロップの果実の順に加え、その都度ハンドミキサーでよく混ぜる。薄力粉を再度ふるいながら加え、生地と合わせる。

④③のボウルに泡立てたメレンゲの1/3量を入れ、木べラ(又はゴムベラ)で泡を潰さないよう切るように混ぜる。更に、メレンゲの1/3量を加える。

⑤今度は、残りの1/3量のメレンゲが入ったボウルに④の生地を入れ、泡を潰さないように木ベラ(ゴムベラ)で混ぜ合わせる。

⑥シフォンケーキの型に生地を流し入れ、竹串などで2~3回ぐるぐるとかき混ぜる。

最後に上から軽く2~3回トントンと打ちつけて、空気抜きをする。

⑦予熱したオーブン(170度)で40分間焼く。

⑧焼き上がり後、すぐに逆さまにして冷ます。

(完全に冷め切らないまま型から外すと、しぼんでしまいます💦)

⑨包丁やシフォンナイフを使用し、型から取り出す。

お好みで、ホイップクリームを添えてどうぞ♬

 

シフォンケーキ作りのコツ

◎卵は新鮮でよく冷えたものを使用する。

◎(卵白と卵黄を分ける時)卵白に卵黄が入らないようにする。

◎メレンゲ用のボウルは冷凍庫でよく冷やしておく。

◎メレンゲ用のボウルは水分や油分がついていないことを確認する。

◎メレンゲは必ず、角がしっかりと立つまで泡立てる。

◎卵黄生地に油を加える時、しっかりとよく混ぜて乳化させる。

◎メレンゲと卵黄生地を混ぜ合わせる時、泡を潰さないよう切るようにして混ぜる。(混ぜすぎない)

◎オーブンによって適正温度が違う為、何度か焼いてオーブンの癖をつかむ。

 

このシフォンケーキは、口に入れると金柑の香りがふわっと広がり、爽やかで優しい味です✨

見た目も淡いオレンジ色😊

 

私はシフォンケーキが大好きでよく作るのですが、

他の種類のシフォンケーキも今後、ご紹介していきたいと思います🍀

最後まで読んでいただき、ありがとうございました✨

この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、特養に12年間勤務していました。 今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 千の恵みキッチン , 2018 All Rights Reserved.