管理栄養士CHIEの

鶏ひき肉の信田煮

 
この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、特養に12年間勤務していました。 今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

千の恵みキッチンへようこそ!

管理栄養士のCHIEです。

暖かくなってきたので、観葉植物の植え替えをしました🌱

グリーンネックレスが長くなってしまったので、少しカット。

新しい土へ植え替えが出来て、ホッと一安心です✨

 

さて、今日は「鶏ひき肉の信田(しのだ)煮」をご紹介します。

「信田(信太)」とは、信太の森(現大阪府)に住むきつねの伝説が由来で、きつねが油揚げを好むとされることから油揚げを用いた料理を「信田○○」と言うことがあります。

今回は、鶏ひき肉と野菜を油揚げで巻いて煮含めました。

では、作り方を見てみましょう♪

 

<材料>(4人分)

油揚げ(大)   2枚

人参       1/3本

いんげん     6~7本

鶏ひき肉     240g

塩        小さじ1/4

生姜       適量

★だし汁     2カップ

★砂糖      大さじ1

★みりん     小さじ2

★濃口醤油    大さじ1

★薄口醤油    大さじ1

水溶き片栗粉   適量

(添え)菜の花、ほうれん草など

<作り方>

①油揚げは両端を切って開く。

②人参は1cm角の棒状にカットし、下茹でする。いんげんも熱湯で茹でる。

③ボウルに鶏ひき肉、塩、すりおろした生姜を加え、よく混ぜる。

④開いた油揚げに、③を広げ、上に人参といんげんをのせる。

⑤端からくるくる巻いて、数か所を爪楊枝でとめる。

⑥鍋に★を煮立ててから⑤を入れる。時々、上下を返しながら20分程度、煮汁が少なくなるまで煮含める。

⑦煮汁は、水溶き片栗粉でとろみをつける。

⑧食べやすい大きさにカットし、菜の花やほうれん草等を添える。

中に巻く野菜は、ゴボウやフキでも良いですね♪

では、今日も素敵な1日をお過ごし下さい✨

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、特養に12年間勤務していました。 今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 千の恵みキッチン , 2018 All Rights Reserved.