管理栄養士CHIEの

「食べる時間」を意識した太りにくい身体づくり

 
この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

千の恵みキッチンへようこそ♬

管理栄養士のCHIEです。

 

今日は、借りていた本を返そうと図書館へ行ったのですが

案の定、行き帰りだけで大量の汗が💦

本当に危険な暑さでした。

皆さんも、水分とミネラルをしっかりと摂って、熱中症には十分にお気を付け下さい。

 

突然ですが、時間栄養学という言葉をご存知ですか?

「何を」「どのくらい」食べるかに加えて、

「いつ」食べるのかによって栄養学的な効果が変わってくるという考え方です。

 

同じ食事を食べていても食べ方によっては、

肥満の防止や病気の予防などに役立つとも言われています。

 

これなら、無理なダイエットをしなくても、太りにくい身体を手に入れることが出来るかもしれません✨

では、もう少し詳しくご説明します。

 

食べる時間帯によって太りにくくなる?

私達の身体の中には「体内時計」が備わっていて、

肥満になりやすいかどうかも、この体内時計との関連があります。

 

そして、体内時計をコントロールするものに

「朝食」と「朝(太陽)の光」が大きく関係してきます。

 

朝食

腸が糖質を取り込んで、効率よく吸収されるのは、午前中がピークだそうです。

朝食を食べることで、1日のエネルギー代謝が活発になり

痩せやすい身体に繋がるというわけです💡

 

また、1日に食べるエネルギー量が同じでも

夕食が多い人は、朝食に重点をおく人に比べて

体重が増えることが研究結果によって実証されています。

肥満を防ぐ為には、朝食をしっかり食べて、夕食は抑えることが大切です。

 

朝(太陽)の光

体内リズムが乱れやすい人は、肥満や糖尿病などのリスクが高いと言われています。

また、体内リズムのズレは認知機能に影響するだけでなく

身体の不調とも関係があることが明らかにされています。

 

そこで、重要となるのが「朝(太陽)の光」です☀

朝の光を浴びることで、体内時計がリセットされて

代謝がアップしたり、ホルモンに作用して過食を抑えられるようになります。

また、15~16時間後にメラトニンが分泌され、眠気を感じるようになります。

 

この朝のリセットが上手く行われないと、メラトニン分泌のリズムが乱れて

眠れなかったり、朝起きるのがツラいといった問題が発生してしまいます💦

こうなると、朝食を抜いてしまうことになり兼ねません😓

 

朝の光を浴びて、体内時計を毎日リセットすることが

太りにくい身体を作る上でとても重要です✨

 

具体的にどうすれば?

上記の考え方をもとに、太りにくい身体を手に入れる為にはどうすれば良いかをまとめると

 

起床したら、太陽の光を浴びて朝食をしっかり食べる

 

食事は3食きちんと摂り、夕食は出来るだけ早い時間に済ませる

(朝食を抜いたり、食事と食事の時間が空き過ぎるのは、逆に太りやすくなる為、NGです)

 

夕食が遅い時間になる場合、昼と夕の間に軽い補食を摂り、夕食は脂肪の多いものは避けて量を減らす

(補食は、チョコなどのお菓子ではなく、おにぎりやドライフルーツ、シリアルバーなどが望ましいです)

 

夕食は軽めにして、朝食と昼食に比重をおく

(遅い時間に食事を摂ると、エネルギー消費が十分に行えず、脂肪蓄積の原因となります)

 

さいごに

いかがでしたか?

難しいダイエットをしなくても、

これなら続けられるかも!と思って頂けたら嬉しいです😊

 

人それぞれ生活のリズムは異なりますが、

毎晩、なんとなくテレビを観ていて、寝る時間が遅いという方は

今一度、生活を見直してみるのも良いかもしれません。

 

ぜひ、普段の食生活に時間栄養学の視点を取り入れてみて下さい🍀

この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 千の恵みキッチン , 2018 All Rights Reserved.