管理栄養士CHIEの

彩り鮮やか✨枝豆ごはん

 
この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

千の恵みキッチンへようこそ♪

管理栄養士のCHIEです。

 

夏の定番とも言える枝豆ですが、

この時期は多く出回るので、我が家も頻繁に食卓に登場しています😊

 

給食施設に勤めている時も、7~9月頃は

枝豆を使ったメニューを献立に取り入れていました。

いつもの料理に旬の食材を少し加えるだけで、季節感がグンとアップするんですよね。

今日は、手軽に作ることが出来る「枝豆ごはん」をご紹介したいと思います。

 

夏の食卓に✨枝豆ごはん

<材料> 2合分

枝豆(さやつき) 200g

塩(塩ゆで用)  少々

米        2合

だし汁      2カップ

酒        大さじ1

塩        小さじ1/4

 

<作り方>

①枝豆は、もみ洗いをしてから塩ゆでする。さやから出して、薄皮も取り除いておく。

 

②炊飯器に研いだ米と分量のだし汁を加え、30分程度浸しておく。

炊く直前に酒、塩を加えて、かき混ぜてから炊飯器のスイッチを押す。

 

③炊き上がったら①枝豆を加えて、そのまま蒸らす。

 

④お茶碗に盛って完成。

 

 

枝豆の鮮やかな緑色が食欲をそそり、夏を感じます🎐

冷凍の枝豆でもOKですが、香りや風味、味などはやっぱり生の枝豆が一番ですね!

 

枝豆の栄養・効能とは

枝豆は「大豆が未成熟な状態」で収穫されたものです。

枝豆と大豆って、もとは同じものなのですね😊

 

たんぱく質やビタミンB1、ビタミンC、カリウム、食物繊維、鉄分、葉酸などが含まれ

「豆」と「野菜」の良いところを持ち合わせた栄養価の高い食材と言えます。

 

枝豆には、

消化液の分泌を促して糖質をエネルギーに変える働きのある「ビタミンB1」や

疲労回復や美肌効果のある「ビタミンC」

むくみを解消したり、高血圧を改善する作用のある「カリウム」

などを多く含む為、夏の疲れた身体にもおススメです。

 

食物繊維が多く含まれているので、

食べ過ぎると消化不良や下痢などをひき起こす可能性があります💦

手軽につまめて、栄養価の高い枝豆ですが、食べ過ぎには注意したいですね(^^;)

 

さいごに

いかがでしたか?

枝豆は、夏ならではの味覚ですね!

鮮やかな緑色は、見た目も涼しく食欲をそそります✨

また、栄養価も高いので、夏バテの予防・改善に一役買ってくれそうです😊

 

手軽に出来る「枝豆ごはん」

ぜひ、お試し下さい♫

この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 千の恵みキッチン , 2018 All Rights Reserved.