管理栄養士CHIEの

キーマカレー&レタスとツナのサラダ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

千の恵みキッチンへようこそ✨

管理栄養士のCHIEです。

 

ここ数日、気温の高い日が続いていますね💧

洗濯物がすぐ乾くのは嬉しいですが、

ついつい冷たいものを摂り過ぎてしまいます(^^;)

体調を崩しやすい時期なので、皆さんもお気を付けください🍀

 

暑くなると、食べたくなるのが辛いもの!

今日は、S&Bの手作りカレーセットを使用した「キーマカレー」と

学校給食にも登場した?「レタスとツナのサラダ」をご紹介します。

 

このキーマカレーのセットは、スパイスやハーブなどが入っていて

辛さも調節でき、手軽に自分好みのカレーに仕上がるのでお気に入りです😊

しかし、近所のスーパーを探し回っても置いておらず

前回、帰省した時に、何種類かまとめて買ってきてしまいました。

 

手作りカレーセットで作る!キーマカレー

<材料> 4皿分

S&Bキーマカレーセット   1つ

鶏ひき肉(もも)      150g

玉ねぎ           大1個(300g)

カットトマト缶       1/2缶(200g)

サラダ油          大さじ3

バター           15g

水             500ml

味噌            小さじ1

醤油            小さじ1

 

<作り方>

①鍋にバターを熱して強火でひき肉を炒め、

炒め用スパイスを加えて更に炒めてから、一旦取り出す。

 

②鍋はそのまま使用。

サラダ油を熱し、弱火で玉ねぎをキツネ色になるまで炒め、カットトマトを加える。

 

③鍋に、①と②、水500ml、付属の煮込み用スパイス、ブイヨンを加えて

中火で約20分程度煮込む。

 

④一度、火を止めてカレールウを加えよく溶かし、トロミがつくまで煮込む。

 

⑤仕上げに辛味スパイス、香りスパイスを加え、ひと煮立ちさせる。

(味をみて、味噌と醤油を小さじ1程度加えました)

 

辛味スパイスの量で、好みの辛さに調整出来ます😊

私は辛い方が好きなので1袋入れてしまいましたが、やっぱり辛かった(笑)

やや水分量が多く感じたので、もう少し煮込めば良かったかな、と思いました(;^ω^)

味は、辛旨で美味しかったです♫

 

レタスとツナのサラダ

<材料> 4人分

レタス           4枚(120g)

塩蔵わかめ         50g

ツナ&コーン缶       1缶(80g)

★酢            大さじ1

★醤油           大さじ1

★ごま油          小さじ1/2

 

<作り方>

①レタスは洗って、一口大にカットする。水気をよく切る。

②塩蔵わかめは水で2~3回、塩を洗い落としてから、たっぷりの水に浸けて戻す。

食べやすい大きさにカットする。

③ツナ&コーン缶は油を切っておく。

④ボウルに材料全てを入れ、★の調味料で和える。お皿に盛りつけて完成。

 

このレタスとツナのサラダを食べて、夫が

「小学生の頃、給食で食べた味だ!」と言っていました。

確かに、頻繁に登場していたかもしれません(^-^)

 

現在は、食中毒予防の為、生野菜の取り扱いは次亜塩素酸での消毒が必要なので

このようなメニューは学校給食では少なくなったかと思いますが、

簡単に作ることができて調味料もシンプルなので、

ご自宅でぜひお試し下さい🍀

 

カレーの作り置きに注意!

ウェルシュ菌とは?

カレーやシチューなどの煮込み料理を多く作ってしまったからと言って、

そのまま出しっぱなしにしておくのは危険です。

ウェルシュ菌による食中毒の危険性があります。

 

ウェルシュ菌は、嫌気性菌であり酸素濃度が低い(酸素がない)ところでも増殖します。

又、芽胞を一度作ると通常の加熱では死滅しません。

芽胞を作る前に、以下のような対策が必要です。

 

原材料の野菜などは、流水でよく洗浄する。

カレーやシチューなどの煮込み料理は、鍋底にも空気が入るよう、よく混ぜながら十分に加熱する。

調理後は早めに食べ切る。

保存する場合は、速やかに粗熱を取り、小分けにして冷蔵庫に保存する。

 

カレーは作った翌日が美味しいとよく聞きますが、

安心して食べる為に、衛生管理には十分に注意を払っていきたいですね✨

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました♪

この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 千の恵みキッチン , 2018 All Rights Reserved.