管理栄養士CHIEの

里帰り&親の手伝いなしの出産準備

 
出産準備
この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

千の恵みキッチンへようこそ✨ 

管理栄養士のCHIEです。

私事ですが、出産予定日まであと僅かとなり、段々と緊張感が増してきました💦

栄養士として保育園に勤めていた経験もあり、出産・育児について何となくはイメージ出来るのですが、何せアラフォー&初産なもので出産が近づくにつれ、少々落ち着かなくなっています (^^;)

私自身、地元(関東)を離れて大阪で生活しているので、身近に頼れる人がいないという状況です。

でも、色々と考えた結果、里帰りはせず、親の手伝いも受けないということに決めました。

今回は、私が里帰りしない理由と産後の対策(予定)を紹介したいと思います🍀

何かの参考になれば、幸いです😊

周りに頼れる人がいない!でも、里帰りをしないと決めた訳

①実家が遠い為、移動中での感染症が気になるから

実家までは新幹線と電車を乗り継いで4時間程度ですが、出産予定日が冬場なので丁度、風邪やインフルエンザ等が流行る時期と重なります。

出産を終えて大阪に戻る時、移動中の赤ちゃんへの負担や感染症のリスク等がとても気になりました💦

②実家での赤ちゃんを受け入れる環境が良くないから

実家は古くて、しかもエアコンがない為、夏は暑くて冬は寒いです。

ガスストーブはありますが、雪でも降らない限りあまり使用しません(笑)

お風呂のお湯も少なめ♨

いわゆる『省エネ志向』なのですが、こちらも気を遣うし赤ちゃんも一緒となると滞在がツライなぁと思いました😓

③気に入った病院だから

私は高齢出産となる為、万が一のことを考えて医療設備の整った病院にしようと考えました。

実家近くに大きな総合病院があり、妹もその病院で出産していたので費用は大体把握していたのですが、きちんと調べてみると大阪の病院の方が全体的に出産費用が控えめでした。

また費用の面だけではなく、通いやすさや病院の口コミ等を参考にして大阪の病院にしましたが、先生も助産師さんも感じが良く丁寧なので、こちらの病院に決めて良かったと思います。

親に産後の手伝いに来てもらうという選択肢は?

里帰りがダメなら、実母にこちらへ手伝いに来てもらうという選択肢もありましたが、双方にとってメリットが少ないと考え止めました。

両親ともに仕事をしているということもあるのですが、いくつか理由があります。

それは、

①母にこちらに来てもらうことに不安がある

来てもらうとしたら、家族の状況を考えると母一人となります💧

しかも母は、携帯電話を持っていません。

自営業なので時間の融通は利くと思いますが、普段、一人で外出しない為、新幹線で一人でこちらに来るとなると不安が大きいです。

いや不安しかない・・(笑)

実際に母本人も「携帯もないし、一人で新幹線に乗るなんて不安だ」という内容を家族に話してたらしいです(^^;)

②我が家に宿泊出来るスペースがない

我が家はマンションですが、部屋数が少なく宿泊できるスペースがありません。

近くにビジネスホテルが幾つかありますが、金銭的なことを考えると何泊も・・は難しいみたいです。

③実母とあまり相性が良くない

勿論、今まで育ててくれたことについて、とても感謝しています✨

でも、相性が良くないからか、私に対して遠慮がないからか、一緒にいるとイライラすることが多いです😓

母の発言に対して『それ、わざわざ言わなくていいじゃん(笑)』て思うことたーくさんあります。

いつもはスルー出来ても、産後は私に余裕がないと思うので、一緒に過ごすと、却って関係を悪化させてしまうんじゃないかな??と思います💧

④義母の手伝いは気を遣ってしまう

義母との関係は悪くないと思っていますが、義母に手伝いに来てもらっても何かと気を遣ってしまい、身体が休まらないと思います。

里帰りなし、親の手伝いなしの場合の産後の対策

『対策』としたのは、あくまで予定であって実際に経験していないからです(^^;) 体験談でなくてごめんなさい。

家族や友人、保健師のアドバイスを参考にして、以下のことを行って乗り切ろうと考えています✊

①リスト化して出産前に出来ることをしておく

夫に産後の手続きをお願いしたり、緊急時の連絡先の確認や家事(ゴミ出しや洗濯機の使い方など)を伝えました。

その他に、私自身の体調に問題なければ、おかず等を作って冷凍保存しておく予定です。

食材をカット&小分けにして、冷凍しておくだけでも家事の負担が軽くなると思います。

あとは、出産後にかかる近所の病院や子育てサロン等を調べておきました。

②ネットスーパーを利用する

スーパーが比較的近くにあったり、ネットでの注文は何だか面倒なイメージだったので今まで利用したことがなかったのですが、先日試しにネットスーパーでお米を購入してみたら、すごく楽チンで「今までの苦労は何だったんだろう。。」と思いました(^^;)

そのスーパーは、送料無料の時間帯があったり、現金払いが出来るので嬉しいです♪

コープ等の宅配サービスも検討したのですが、発注やキャンセルが1週間前までだったり、現金払いが出来なかったりで使い勝手が良くないと感じたので止めました💦

③宅配弁当を利用する

産後、一番負担になることは何だろう?と考えた結果、やっぱり『食事作り』でした。

育児セミナーでの保健師さんにも「退院後、2週間は宅配弁当を利用した方が良い。使い捨て容器なら洗い物もしなくて良いので」と話され、なるほど💡と感じました。

なぜ2週間かと言うと、入院中の1週間と退院後の2週間で計3週間休めれば、身体も回復するとのことでした。

宅配業者を3社ほど検討して、注文しやすいところを利用しようと考えています。

④夫に家事や育児の協力をお願いする

夫は、ゴミ捨てと(気が向いた時のみ)食後の食器洗いをしてくれていますが、普段の家事はほぼノータッチです。

とりあえず、産後の1ヶ月間は『洗濯』と『赤ちゃんの沐浴』をお願いしていますが、今までの行いから予想すると長くは続かないかなぁと💦

「やってくれたらラッキー!」くらいに構えておこうかと思います。

⑤家事支援サービスや一時保育を利用する

自宅に他人様が入ることに抵抗がある私は、産褥シッターやファミサポ等を避けていたのですが、妹や友人から「絶対大変だから、出産前に(ファミサポ等の)登録だけしておいた方が良いよ」とのアドバイスを受けました。

調べたところ、大阪市でエンゼルサポーターという家事支援サービスがある為、それを利用しようと思い、申請だけしておきました。

それと、赤ちゃんをどうしても預けなければならない状況になった時の為に、一時保育を何ヶ所か調べました。

近所でも幾つか保育施設があり助かるのですが、やはり生後6ヶ月から預かってくれる所が多いです。

いざとなった時に頼れるところがあると、大きな安心感にも繋がりますね✨

さいごに

出産が近づくにつれて、 里帰りや親のサポートなしでは 「本当に大丈夫なのかな」と不安や心配がありましたが、

こうして産後のイメージと対策を立てておくことで「何とかなる!」と楽観的に考えるようになりました😊

体験談ではなく、あくまで私の対策ですが、出産を控える方にとって、少しでも気持ちが明るい方向に向かえば幸いです✨

この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 千の恵みキッチン , 2019 All Rights Reserved.