管理栄養士CHIEの

「院内感染対策と乳酸菌」のセミナーに参加して

 
この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

千の恵みキッチンへようこそ✨

管理栄養士のCHIEです。

8/4(日)にニュートリー(株)主催のニュートリションセミナーへ参加しました。

テーマは「院内感染対策と乳酸菌」についてです✎

近年、乳酸菌の健康効果について、メディアでも度々取り上げられていますが、今回のセミナーはその沢山の可能性を秘めた乳酸菌を医療や介護の分野で使用して、患者さん自身の免疫力を高めて感染症を予防しようというものでした。

私が以前勤めていた特養でも、入退院を繰り返す方はほとんど同じ方で、中でも肺炎や尿路感染症が多かったです。

又、インフルエンザが施設内で流行したこともあり、年間を通して感染症予防について深く考えさせられました。

今回のセミナーは現場を離れた私にとってもとても興味深く、又、色々な可能性を秘めている乳酸菌について少しでも多く理解したいという気持ちから参加しました。

セミナーに参加して感じたこと

腸管は最大の免疫臓器(体全体の約7割)であり、腸管内には腸内細菌叢(フローラ)が約1000種、1000兆個も存在し、免疫系や自律神経系と深く連動しているそうです。

腸内環境を良好に整えると生体の免疫力アップだけでなく、 精神面でも良い効果が期待できるということですね✨

今回、ニュートリー(株)の「ブイクレス・ビオ」に用いられているEフェカリスという菌体は、生菌ではなく全て加熱殺菌・死滅状態の菌体ですが、これを投与することによってMRSA感染後のマウスの生存率に効果が得られたとのことでした。

人体への効果は臨床データが少ない為、明確なものは示されていませんが、 乳酸菌の摂取で免疫力がアップして感染症予防に繋がれば、患者さん自身だけでなく、その家族や施設職員など周りの方にとっても、とても喜ばしいことだなぁと感じました。

ブイクレス・ビオの栄養は?市販されているの?

さて、サンプルで頂いた「ブイクレス・ビオ」✨

味は3種類(ラ・フランス、キャロット、ピーチ)あり、ドリンクタイプだけでなく嚥下困難な方用にゼリータイプもあります。

(ゼリータイプはラ・フランスとピーチの2種類)

どれも90kcalで、乳酸菌(加熱殺菌菌体)Eフェカリスが6000億個含まれています。

その他にビタミンやミネラル等も含まれていて、食事が十分に摂れない方の栄養管理にも良さそう✨

ブイクレスシリーズは、飲みやすくて美味しい~😊

ネットでも購入できるので、在宅で暮らす方にも良いですね。

さいごに

ブイクレス・ビオはとても多くの乳酸菌を使用している為、対象者を変えればもう少し少ない量でも良いのではないか

健康な人は過剰に意識しなくても良いのではないかとの意見がありましたが

少なくとも免疫力が低下した方にとって、乳酸菌は沢山の可能性を秘めたものであることが分かりました。

私達も、乳酸菌で腸内環境を良好に整えて、日々の健康管理に努めていきたいですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 千の恵みキッチン , 2019 All Rights Reserved.