管理栄養士CHIEの

梅シーズン到来!梅酒&梅シロップ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、特養に12年間勤務していました。 今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

千の恵みキッチンへようこそ♪

管理栄養士のCHIEです。

 

今年も梅のシーズンがやって来ました!

関東に住んでいた頃は、

友人からよく青梅を頂いてたので、ここ数年は梅酒を毎年漬けていました。

 

自分で甘さを調整&アレンジ出来るのが、手作り梅酒の良いところ✨

 

氷砂糖を黒糖に替えて黒糖梅酒にしたり、

ホワイトリカーのかわりにブランデーや泡盛、日本酒で漬ければ、

またひと味違った梅酒が完成します(о´∀`о)

 

 

特養に勤めていた時、施設の近所の方から大量の青梅

(確か10kg以上はあったかと💦)

を頂いたことがあり、その時は梅シロップを作りました。

おやつだけでなく、煮魚や豚の角煮など料理にも使用出来て

とても重宝しました🎵

 

梅シロップを漬けた梅で、梅ジャムも作りましたが、

こちらは酸味が強くてお年寄りにはイマイチで😓

今では良い経験です( *´艸`)

 

今回は、梅酒と梅シロップを仕込んだので、こちらをご紹介したいと思います🍀

 

我が家の風物詩!青梅で梅酒&梅シロップ

ホワイトリカーで作る梅酒の作り方

<材料>

青梅      850g(1kgの梅を買って梅シロップに150g使用した為)

氷砂糖     500g

ホワイトリカー 1.8ℓ

 

<作り方>

①青梅は流水でよく洗い、ザルにあける。

竹串でヘタをひとつひとつ丁寧に取り除く。

②清潔な布巾、又はキッチンペーパーで①の水気をよく拭きとる。

③よく洗って十分に乾かした広口瓶に、

青梅と氷砂糖を交互に入れてホワイトリカーを注ぐ。

④冷暗所に保存する。氷砂糖が溶けて3ヶ月ほど経てばO K 。

 

おやつや料理にも!梅シロップの作り方

<材料> ※冷蔵庫で保存しやすいように少量です

青梅          150g

氷砂糖         青梅と同量

ホワイトリカー又は食酢 大さじ1

 

<作り方>

①瓶を煮沸消毒して、清潔な布巾で水気を拭き取り乾燥させる。

②瓶に、洗って水気を拭き取った青梅と氷砂糖を交互に入れる。

発酵を防ぐ為に、ホワイトリカー(又は食酢)を加える。

③冷蔵庫で保存する。

1週間~10日ほど経ったら梅の実を取り出して、

シロップを鍋に移し、弱火で10分程度加熱殺菌する。

④清潔な瓶に③を入れて、再度冷蔵庫で保存する。

 

さいごに

いかがでしたか?

材料さえ揃えてしまえば、意外と簡単に作ることができますね( ^ω^ )

今から出来上がりが楽しみ~♬

梅酒は、氷を入れてロックで飲みたいと思います(笑)

 

梅シロップは、炭酸や水で割って飲んだり、

お菓子作りや煮魚などに使用したいと思います。

特に煮魚は、魚の臭みを抑えられて、味もさっぱりしておススメです🍀

梅シロップを使ったレシピは、また後日ご紹介したいと思います😊

 

クエン酸の作用で、疲労回復✊

そして、夏バテ防止✨

 

元気に夏を乗り切っていきましょう🎶

この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、特養に12年間勤務していました。 今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 千の恵みキッチン , 2018 All Rights Reserved.