管理栄養士CHIEの

今が旬🍀初鰹

2018/05/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

千の恵みキッチンへようこそ♬

管理栄養士のCHIEです。

 

今日は、端午の節句ですね。

男の子の健やかな成長を喜び、健康と幸せを願う日です✨

お子さんのいるご家庭では、兜や鯉のぼり、菖蒲湯、柏餅などを用意して

お祝いをされるという方も多いのではないでしょうか?😊

 

今日は「初鰹」についてお話したいと思います。

 

初鰹について

なぜ、端午の節句に「初鰹」なの?

鰹(カツオ)は、端午の節句に縁起物として食べられることが多いです💡

それは、ちょうど初鰹の旬の時期と重なることや

「勝男(カツオ)」の語呂にちなんで、

強くたくましくという願いが込められているから、とされています。

 

また、初物を食べると「福を呼び込み寿命が75日延びる」とされ

特に初鰹は、

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」

と詠まれたほど、江戸時代から大変高い人気がありました。

 

 

在職中は、特養でも端午の節句に「鰹のたたき」を提供していました。

しかし、生ものが苦手な方や、咀嚼や嚥下などの状態によっては

鰹のたたきを食べられない方もいらっしゃったので、

別メニュー(天ぷらなど)を用意し、選択制(選択食)としました。

 

おかげで、ご利用者に大変喜ばれました😊

やっぱり皆さん、初物やお刺身は好きなのですね!

 

初鰹の栄養は?

鰹の旬は年2回あり、春から初夏にかけて出回る「初鰹」と

秋に出回る脂ののった「戻り鰹」があります。

初鰹は、脂が少なく、身が引き締まってさっぱりしているのが特徴です。

 

栄養面についてですが、

魚類ではトップクラスとも言える、ビタミンB12、鉄、ナイアシンが多く含まれます。

ビタミンB12は、赤血球を作り出すのに重要な栄養素です。

鉄は、ヘム鉄も豊富である為、貧血の予防や造血作用に効果が期待できます。

ナイアシンは、酵素の働きを補助する栄養素として大切な役割を果たしています。

その他にも、マグネシウムなどのミネラルやアミノ酸なども含まれます。

また、低エネルギーで高たんぱく質✨

女性に嬉しい栄養素がたくさん含まれた食材ですね💡

 

さいごに

近年では、技術が発達して、

旬でなくても一年を通して、美味しい食材が手に入るようになりました。

しかし、古くからの良き日本の食文化。

これからも大切にしていきたいと思います😊

この記事を書いている人 - WRITER -
CHIE
はじめまして。管理栄養士のCHIEです。 病院、保育園での経験を経て、直営の特養に12年間勤務していました。 結婚の為、退職して、現在は関東から大阪へ移り、主に在宅で資格を活かしたお仕事をしています。 趣味はマラソンとフラダンスで、身体を動かすことが好きです。 目標はサブ4ですが、まだまだ夢の話(^^;) ブログでは、今までの給食施設での経験を活かし、日々の食事や健康についてご紹介していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 千の恵みキッチン , 2018 All Rights Reserved.